糖尿病網膜症

糖尿病の国内患者数は増加が著しく890万人と言われています。
糖尿病と診断された時から、定期的に眼科の検査を受け、適切な糖尿病と眼科の治療を続ければ失明は防げます。

しかし糖尿病を放置している人は少なくなく、毎年 多くの人々が失明しています。
HbA1c(NGSP値が6.5%以下で正常)が6.9以下であれば、糖尿病網膜症は進行しないと言われています。
治療の基本は内科的な血糖コントロールです。しかし網膜症がある程度進行すると血糖が コントロールできても網膜症は独自に進行します。

しかしその場合、網膜光凝固、硝子体手術などが行われます。


 

 


ページトップに戻る