コンタクトレンズ

コンタクトレンズにはハードレンズとソフトレンズがあります。
ハードレンズは素材が硬く、大きさの小さい(直径約8.8mm)レンズです。
角膜乱視は素材が硬く、涙液レンズで矯正されるため、矯正効果が良いです。短所は 「装用感がよくない」「ずれやすい」「充血が目立ちやすい」などです。

ソフトレンズは素材が柔らかく、大きさが大きい(直径約14mm)レンズです。 主なものには1日使い捨てタイプ、2週間交換タイプおよびそれぞれの乱視用 があります。
長所は「装用感がよい」「ずれにくい」「充血が目立ちにくい」などです。 角膜に傷ができても、痛みが少ないので、傷や病気の発見が遅くなるため注意が必要です。

コンタクトレンズによる目の病気には、「角膜潰瘍」「角膜血管新生」「巨大乳 頭結膜炎」があります。
ソフトコンタクトの洗浄に水道水を使うと、アメーバがレ ンズに入り込みアカントアメーバ角膜炎が起きることがあるので危険です。
当院では、ボシュロム、チバビジョン、ジョンソンエンドジョンソン社のソフトコ ンタクトレンズを取り扱っています。


 

 


ページトップに戻る